ひとあさ W・A・R・D

格闘美少女ファンサイトを観察し、応援するブログ+なにか

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市ヶ谷様と柔道

カテゴリー : 小ネタ
そういえば9月10日はビューティ市ヶ谷の誕生日であります。

オンリーイベントに市ヶ谷本を出すサークルさんがあると聞き、
勝手に以下の文書を送りつけようと考えていたのですが、
いきなりのことで困惑するのが必至なので自粛しました(苦笑)。

せっかく書いたのに公開しないのもアレなのでここに晒します。
【続きを読む】からどうぞ。

市ヶ谷様といえば、史上最凶のお嬢様。
しかしゴミ出しとか、おでんが好物とかで
庶民的な面も出してはいます。
ただ私が彼女に対して感じているのは
「意外に弟子を育てるのが上手い」イメージ。
まぁこれについては勝手に育っているのが
より正しいのかもしれません。
なにしろお嬢様ですから無理難題は当たり前。
「このままだと潰されてしまう」と
弟子自身が生命の危機を感じるのでしょうね(笑)。

ところでワタクシ一つ疑問に思ったことがあります。
それは「なぜ市ヶ谷様は柔道を志したのか」
たしかにこのシリーズが作られた当時、
某柔道マンガが流行ってはいました。
でも主人公のライバルはテニスからの転向組。
一方で市ヶ谷様には球技の描写はありません。
もっとも当時の開発スタッフは
お蝶夫人をイメージしていたらしいのですが。

そこで一つの仮説を立ててみました。
曰く、『市ヶ谷様は球技がてんでダメ』ではないかと。
根拠はないけど、そうとしか考えられない。

俗に球技の才能は先天的なものが大きいといわれています。
同時に格闘技は努力次第で上達も可能とも。
確かに彼女には柔道の才能があったのかもしれません。
それでも彼女は影で相当の努力を重ねていたのでしょう。
寿千歌が聞いたら卒倒するくらいに。

余談ながら寿千歌は、攻め方が正直すぎると思いました。
もし「球技が苦手」の情報をつかんでいれば、
市ヶ谷様を叩き、自己満足することができたでしょうに。
それこそテニスでもゴルフでもビーチバレーでも。
バレーボールなら経験者が手駒としていますしね。

あと市ヶ谷様がプロレスへ転向した理由ですが、
ジャケットレスリングのごとくポイントを取って優勢勝ちを狙う
外国人選手の姿勢にキレたのが真相のような気がします(笑)。
おそらく他の日本人選手と同様に
「柔道は一本勝ちが是である」と教え込まれたでしょうからね。
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。