ひとあさ W・A・R・D

格闘美少女ファンサイトを観察し、応援するブログ+なにか

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8回レッスル駅伝エントリー受付中、3月22日まで

カテゴリー : お知らせ
1ヶ月ぶりのご無沙汰です。
前回に引き続き、第8回レッスル駅伝の開催を宣言します。
今回の開催地は群馬県、ニューイヤー駅伝をベースにしました。
(参考資料)ニューイヤー駅伝2010公式サイト

至らぬところも多々あるとは思いますが、よろしくお願いいたします。
(3・14追記)駅伝能力表が見られるよう対応しました。

以下、ルール及び開催事項です。

エントリー受付期間 3月7日(土)~3月18日(木) 22日(月・振休)
都合により、22日まで受付を延長します。
一応期限は切りますが1区の発表が終わるまでにエントリーされた場合は有効とします。

レッスル駅伝 ルール

今回は変更したところもあります。注意して読んでください。

1.スピードの数値+1×5秒×Km数(スタミナの範囲内)、標準タイムよりも縮まる
2.(スタミナ+1)×1Km走れる、
  余ったスタミナは以下の計算式で算出された秒数分縮まる
   余剰スタミナタイム=(スタミナ+1-距離)×10秒×(距離÷2)
  スタミナが足りなかった場合、足りなかったKm数×40秒を加算
3.アップダウン指数×パワーの分、タイムが減算される×20秒
4.観客指数×アピールの分、タイムが減算される×10秒
  (ただし今回の8区のみ15秒で計算します、別エントリーにて)
5.たすきリレーの際、友好関係にある相手には20秒減算される
  また嫌悪関係にある相手との場合は20秒加算される
6.基準タイムはアップダウン指数を考慮に入れ、以下のようにする
   アップダウン指数0、-1 : 4分40秒
   アップダウン指数+1 : 5分
   アップダウン指数+2 : 5分20秒
7.上記の1~6にランダムタイム(+30秒~-20秒)が加わる  

実例
武藤めぐみが、8km区間(アップダウン指数0、観客指数1)を走った場合 
アップダウン指数0の標準タイムはKm数×4分40秒で37分20秒
スピード(9+1)×5秒×8㎞で、6分40秒短縮、スタミナ余剰分はなし、アピール分40秒短縮、
合計7分20秒短縮 30分が記録
同じ距離を結城千種が走ると、スピード(5+1)×5秒×8km、4分短縮
スタミナ余剰分は(10+1-8)×10×8÷2秒で、120秒(=2分)短縮、アピール分40秒短縮、
合計6分40秒短縮 30分40秒が記録
10Km区間になった場合、同様に標準タイムは46分40秒
武藤めぐみは、先ほどの短縮分に、スタミナ不足分1分20秒(40秒×2Km)が加算されて、
6分00秒短縮 40分40秒が記録
結城千種は、余剰分が無くなるが、スピード(5+1)×5秒×2Km分短縮、5分40秒短縮
41分が記録
最初の例(距離8km、観客指数1)で、アップダウン指数が2の場合の標準タイムは42分40秒
武藤めぐみは、0×2×20秒で、0秒加算されて、7分20秒短縮 記録は35分20秒
結城千種は、3×2×20秒で、120秒減算されて、8分40秒短縮 記録は34分
距離8km、観客指数1、アップダウン指数が-1の場合、標準タイムは37分20秒
武藤めぐみは、0×(-1)×20秒で、0秒加算されて、7分20秒短縮 記録は30分
結城千種は、3×(-1)×20秒で、60秒加算されて、5分40秒短縮 記録は31分40秒
※実際は、これにランダムタイム(+30秒~-20秒)が加わります。
※ ※今回も好走or凡走システムならびにマスクシステムは導入しません。 
  
 
第8回大会概要

第8回レッスル対抗駅伝 ~謎の群馬・風の上州路~
   8区間・総走行距離42km
1区 群馬県庁⇒高崎 5㎞、UP指数0、観客指数2(オイカゼ)
群馬県人間橋(むれうまけんひとまばし)市の県庁前をスタート。
観客からの歓声に包まれながら高崎へと向かう。
途中の人間橋大橋で風をどれだけ味方につけられるかが見もの

2区 高崎⇒公田(くでん) 3㎞、UP指数0、観客指数1
今回の最短距離区間。コースは平坦、かつ観客もまずまず。

3区 公田⇒伊勢崎 6㎞、UP指数-1、観客指数0(オイカゼ)
距離は長めだが、なだらかな下りが続く。ここでも風を味方につけたい。

4区 伊勢崎⇒尾島 5㎞、UP指数0、観客指数1
いわゆる標準的な区間だが、馬鹿にはできない。

5区 尾島⇒太田 4㎞、UP指数0、観客指数0
距離は短め、しかし記録に影響を与える要素はない。
頼れるものは己のスピードのみ、純粋なるスプリント区間。

6区 太田⇒桐生 7㎞、UP指数2、観客指数-1(ムカイカゼ)
「マラソンよりきつい」といわれる上り坂が待ち構えている上、観客も少ない。
高低差もさることながら、赤城おろしと呼ばれる向かい風が吹くと過酷さがさらに増す。

7区 桐生⇒西久保 5㎞、UP指数2、観客指数1(ミダレカゼ)
6区ほどではないが過酷な区間。
観客はいるものの、風向きが変わりやすくペースも乱れる傾向に。

8区 西久保⇒群馬県庁 7㎞、UP指数1、観客指数Ⅹ
レッスル駅伝史上初の観客指数変動区間。
この区間にエントリーする選手の総アピール数によって
観客指数が決まるため予測は困難。
のるかそるか思案のしどころ。
なお天候条件の入ってくる区間(1区、3区、6区、7区)では
「当該区間にエントリーされた選手の総スピード数」
(以後、ΣSPと表記)によって決まります。
例を挙げますと、オイカゼ区間(仮)では、
ΣSPの下ヒトケタが0~4は無風(影響なし)、
5~9は追い風条件発生(影響を受ける選手あり)
となります。
また最終8区の観客指数変動区間では
「8区にエントリーされた選手の総アピール数」
(同様にΣAP)によって観客指数が決まりますのでご注意ください。

コスト・補正に関するルール

28ポイントで、チーム編成とボーナスポイントによる強化をしてください。
すなわち28から編成した選手の総コストを引いた残りが
チームで使えるボーナスポイントとなります。 

選手能力値一覧はこちら
選手能力値一覧

ボーナスコンビ・トリオ一覧はこちら
ボーナスコンビ・トリオ一覧

第2回より導入されましたオリジナルコンビ制度ですが、希望があれば
今回も1チーム1組のみ受け付けます。
オリジナルのコンビを入れる場合は
エントリーフォーム内
「オリジナル補正タッグ及びボーナス設定欄」に
どの選手とどの選手、補正タッグ名、友好か嫌悪かの関係を書いて下さい。
オリジナルコンビのコスト計算に関しては(選手Aのコスト+選手Bのコスト-1)です。
例を挙げなくてもわかると思いますが、
渡辺智美とサンダー龍子間に付けたいと思えば1+3-1でコスト3と言うわけです。

ボーナス設定は大幅に変わります。また新たにみなしコスト制度も採用します。
チームに与えられるボーナスポイントは、
 28-(チーム編成に使った選手の総コスト数)となります。
すなわち総コスト16のチームはボーナスポイントに12使うことができます。
選手コスト8ならばボーナスポイントは20ポイント、
選手コスト28だとボーナスポイントは0です。
(蛇足ですが、選手ポイント29では違反です)
(みなしポイント制度について)
この制度は成瀬、早瀬、市ヶ谷に適用されます。
成瀬、早瀬の選手コストは2、市ヶ谷の選手コストは4ですが、
この3名は能力値の割にコストが本来より高めに設定されています。
よってこの3名については割り振れるポイントを多少優遇することにします。
※ 具体的には成瀬、早瀬はコスト1の選手並み(6ポイント)に、
  市ヶ谷はコスト3の選手並み(2ポイント)に強化することができます。
 
選手のパラ強化に使うことのできる最大ポイント数は
その選手が持っているコストによって異なります。
具体的には以下のようになります。

コスト1の選手と成瀬、早瀬に使えるボーナスポイント→ 6ポイント
コスト2の選手
(成瀬、早瀬は除く)に使えるボーナスポイント→ 4ポイント
コスト3の選手と市ヶ谷に使えるボーナスポイント→ 2ポイント
市ヶ谷以外のコスト4の選手に使えるボーナスポイント→ 1ポイント

 ※コスト5以上の選手(今回はいませんが)にはボーナスポイントは使えません

ボーナスポイントをマイナスに配分する場合もプラスと同様に必要です。
(すなわち選手コストは最大28、それを越えるとペナルティの対象となります)
フォームの都合上、補正タッグとボーナスが一緒の項目でややこしいかもしれませんが宜しくお願い致します。

コスト割引タッグ・トリオによるコスト割引ですが、
原則として組数に制限は設けておりません。
単純にいえば、割引タッグ4組で8人体制をとってエントリーも
コストさえオーバーしなければ構いません。

例を挙げると
ゴールデンペア
めぐちぐ
村上姉妹
HRコンビ
という8人体制でもOKです。

ただ、この場合だとゴールデンペアに菊池を加えて
トリオ「レッスルエンジェルス」というボーナスもありますが
コスト割り引きは1人について一つまでです。
こういうように補正タッグ(オリジナルも含む)が被るキャラがいる際には
どちらの割引を適用するかの記入もお願いいたします。

コストオーバーが発生した場合で、開催までにコストの修正がされなかった場合は
オーバー分の数字×5分のペナルティ
を課しますので気をつけて下さい。
またコストの範囲内であっても選手ごとに規定されているコストに対しての
ポイント振り分けオーバーがあった場合、当該選手に対する強化ポイントは無効
となります。
何か不明な点等ございましたら、私のブログ内の記事コメントに非公開でコメント
もしくはサイドバーにあるWEB拍手からお願いいたします。

それでは、皆様からのエントリーをお待ちしております。よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。